センスって何?

歌唱センス、発声センス、独学センス……。

それぞれで要求されているセンスが違っているように見えて、
現代音楽(ポップスやロック)を歌うのが目的ならば大差はなかったりします。

自分の出している声を自分が聴いてどう思うか。
自分が「良し」とした声が、家族や友人や恋人やその他大勢に認められるか。
拍手されたか。静まり返ったか。お世辞や皮肉を見抜けているか。
こういうのを「センス」と呼んでも間違いではないでしょう。

私の感想は「普通の人が聴いたときにどう思うか」を基準にしています。
このハードルは結構高いです。普通の人はプロの歌声と比べてしまいがちだからです。

そんな声で歌っているプロ歌手は珍しいから「直した方がいいんじゃない?」ってことです。
地道に着実に“まとも”に聴こえる声を少しずつ増やしていきましょう、ってことです。

高音の出し方教えてください
あ、中音と低音は問題ないので

みたいな人が稀にいますが……。
本当に中音と低音に問題がないのなら、高音まで綺麗に出せているはずなんですよ。

はあ、そうですか

でスルーしてしまう私が悪いのでしょうか。
一応「受講者の希望に沿います」って書いてますからね。

このブログを読んでそういう考えなのだとしたら、
私とはセンスがまるで違うだろう、ってことなので……。
どうせ指摘しても気分を害すだけだろう、って判断してます。

変な声、微妙な声、素人くさい声、センスのない声。

これを自分で判断できないから、センスがないってことなんです。
実力派のプロ歌手は、極端に高い声や低い声を自分の歌声に含めません。
お客さんに聴かせて良い“音”ではない。その声でお金を取ったら“詐欺”になる。
彼らのセンスはそれを許さないのです。

関連記事:「正しい発声と使える声
関連記事:「先のない発声
関連記事:「良い声≒悪い声



余談ですが、
カラオケが趣味だったり、バンドを組んでたり、歌い手やってたりで、
ボイストレーニングにも興味があって“歌やってる”つもりの人ほど他者への評価が甘くなる傾向があります。
同志への配慮や自分への慰め、自己肯定が含まれていることがあります。
自分を棚に上げたまま「率直な感想」が言えなくなるのです。

今はこれでいいんだ。
その段階なら仕方ない、みたいな感じで。

そのうち解決する「仕方ない」と、
一生変わらない「仕方ない」があるんですけど……。

この違いを判別できるのもまたセンスです。
仕方ない、には要注意です。
関連記事

 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/06 (Thu) 11:43 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>5318さん

レッスンに関するお問い合わせは、

https://fixedmix.com/blog-entry-165.html

このページのメールフォームからお願いします。

2018/12/06 (Thu) 11:59 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/06 (Thu) 12:03 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>サバ缶さん

>向上心を忘れた者たちの慰めや賛辞ほど不要なものは無いですね

その通りだと思います。
馴れ合いは喉を腐らせます。

2018/12/06 (Thu) 12:19 | REPLY |   

Leave a comment