歌唱法解説:小野正利/MOON TEARS

小野正利さん。GALNERYUS(ガルネリウス)のボーカル、そしてボイストレーナーでもある。
発声の特徴としては、間違っていたら恥ずかしいので「前上が強い」とだけ書いておきましょうか……。

うーん……奇跡的に上手く行ってる高田ミックス? 
高田ミックスの「高田」はジャパネットの高田社長のことです。
基本ハイラリだけど、声帯が小さめだからハイラリの弊害が少ないって感じです。



これ見れば(聴けば)わかると思うんですけど、
喉は前面上方しか開けてないし、声のトーンが変わるほど下ろせてもいないです。
あくまでも私の基準ですけどね。

あと、口を大きく開きすぎのような気がします。
顎や首周りが緊張してしまって、チェストが入らなくなったり深い響きが出せなくなる恐れがあります。
小野さんはこれでいいのかも知れないけど、彼に習ってる生徒さんにとってはちょっと問題かもです。
でもこの緊張感こそが、あの独特な青臭い雰囲気(良い意味)に繋がっているのかもしれません。

無謀な挑戦と知りつつも、ちょっと寄せてみました。

小野正利/MOON TEARS



鼻声ミックスとか志村ミックスとか喉声ミックスとか……。
私が散々書いてきた「避けるべき発声法」を組み合わせてどうにかしてます。
それっぽく聴こえるかもしれませんが本家とは別物になっているはずです。
聴いたままの響きをトレースするとたぶん喉を痛めちゃうので。

歌唱法解説とか言いながら、申し訳ないのですが、
あまり真似して欲しくないので、詳細は書きたくありません。

正しい発声法が習熟していれば短時間でマスターできると思います。
具体的なやり方を知りたい人は私が納得できるだけの歌声を聴かせてください。

悪い発声法を再現するのは簡単です。普通の人が自然にやってりゃそうなるので。
正しい発声法のやり過ぎで「悪い発声法が使えなくなる」なんてことはないので安心してください。
良いと悪いはいつも背中合わせ。だからこそ厄介で面倒なのです。

小野正利/MOON TEARS(ハイラリ喉声ミックス)



小野正利/MOON TEARS(ロウラリ喉締めミックス)



明らかに変な声だけど、音としては一応出てる。
普通の人が小野さんに寄せるためには、ここらへんの悪要素も必要になってくると思います。
いかにも変な癖がつきそうでしょ? 基本ができてないとヤバそうでしょ?

声帯の固体差が大きいと、そのギャップを埋めるために少々無理なことをしなければ……。
まあ、無理なことをしたとしても、この程度なんですけどね。
関連記事

 Comments

-  

Janne Da Arc acid black cherry のyasuさんも前上強いと言うか、前上がメインで働いているタイプでしょうか?

小野さんとかも個性的な声質ですよね 若々しい、少年的な甲高い声 
人によっては未熟な声とかキンキンしてて耳が痛くなるとか意見が出そうですが

2019/01/22 (Tue) 21:31 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>名無しさん

yasuさんはバランスが良いタイプですかね。
どちらかといえば「前下」が強いように聴こえます。

ビジュアル系で売れた人に前上タイプはいないと思います。
明るい曲を歌ったとしても、基本や根底は「闇属性」でしょ? 
声が上擦ったら雰囲気が出ないはずなので。

2019/01/22 (Tue) 23:34 | REPLY |   

Leave a comment