発声法分析:斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)

UNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介さん。
個性が強くバランスに優れており、喉の自在性も高いように聴こえます。



発声基点は前上寄りの前。
そこから前下とか後下に伸展させてる感じです。
声質は軽いけど要所で地声感を出してくるタイプですね。

歌とリズムになる

ここがわかりやすい。前下がかなり強めに入ってます。
こういう歌い方は声帯が小さめじゃないと難しいと思います。

関連記事:「チェスト張り下げ

これは斎藤さんに限った話ではありませんが、
うつむき加減なのは「前下」が強く入っているサイン。
顎がくいって上がるのは「後下」が強く入っているサイン。

そこまで単純なカラクリではないですが、
そんな視点でライブ動画を参考にしてみると、新たな発見があるかもしれません。
関連記事