発声法分析:稲村太佑(アルカラ)

アルカラのボーカル、稲村太佑さん。
ギターとヴァイオリンも弾けるみたいです。

濱田岳さんや上地雄輔さんに少し似てません?
良い意味でおでんツンツン男っぽく見えるときもあります。



後上が忙しく動いており、軽快な印象の声です。
サ行(シャ行)の空気感をキープしたまま歌っている感じかもしれません。

全体的に声の響きがよく飛んでいるのは「後上」や「上」。
如月に彼女という曲は「真ん中」や「下」もやや強めに聴こえます。

これは河童に水練ですが、語尾のブレが結構気になります。
わざとじゃないとしたら下側の弱さ(浅さ)が原因だと思います。

が、

だからこそ個性的な声になっている。
外野が何を言っても、私が何を書いてもただただ空疎。

プロ歌手の正しい発声というのは「お客さんの反応」がすべてです。

ロキノン系ってほとんど聴かないので、
リクエストされなければ一生聴かなかったかもしれません。
ネタをくれた名無しさん、ありがとうございます。

関連記事:「プロとアマの違い
関連記事

 Comments

-  

生歌と口パク見分けられますか?

2019/03/22 (Fri) 11:11 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>名無しさん

>生歌と口パク

耳の問題だけではなく視覚情報が重要になってくるので、
映像編集のプロみたいな人と熟練の口パクシンガーがタッグを組んだとしたら、
たぶん見抜けないと思います。

2019/03/23 (Sat) 08:38 | REPLY |   

Leave a comment