発声法分析:GEN(04 Limited Sazabys)

04 Limited Sazabys(フォー・リミテッド・サザビーズ)のベースボーカル担当のGEN(ゲン)さん。
バンドの略称は「フォーリミ」や「04LS」。サザビーは赤いモビルスーツが由来らしいです。

フォーリミのゲンさん。
こう書くとちょっと、お洒落なんだか古風なんだか不思議な感じになりますね。



これはすごい。強烈な個性です。
鼻に抜ける少年っぽい声ですが、媚びた感じがありません。
生意気そう、ではなく意志が強そうな声質です。

メロとか低音部(高いけど)は「後上」。
音域が上がってくると「後」や「後下」にシフトにしていく。
声帯のサイズは小さそうだけど、歌い方は結構ダイナミックです。

後半は「前上」が優位になって、喉が下がらなくなっているように聴こえます。
声の響きも喉声に寄ってますが、頑張って喉を開こう(舌根を下げよう)としている意識が感じられます。

プロの歌手にこういうこと書くのはなんですが、
まだまだ伸びしろはあるし方向性も合っていると思います。

しかし、

さーみだーれ ふーれふーれ

ここで「後上」まで強烈に入ってしまって……。

声帯小さくても詰まるときは詰まっちゃうので、
レッスンしてても、こういう人は多いです。

苦しいときに苦しい顔をすると、喉が余計に苦しくなっちゃう。

こういうのは大体、神さまの仕業。神経の作用です。
三叉神経、舌下神経、舌咽神経、迷走神経、そして交感神経と副交感神経。
簡単なことではありませんが、これらの神経(≒テンション)をアベコベに使う【意識】が必要です。

ここは真顔か暗黒微笑でうつむいて、ファルセットを斜め下に張り下げてみましょう。

見た目的にはちょっと不気味かもしれませんが、
最高音で喉を下げる歌い方を身に着けた後ならば、わざと“苦しそう”にも歌えると思います。

関連記事:「チェスト張り下げ
関連記事:「顔で歌う(目で歌う)
関連記事:「早漏と喉締め
関連記事

 Comments

透  

コメント失礼します。
突然な質問ですが先生は倍音についてはどうお考えでしょうか。
昔の人と今の人の声が違うのは昔は倍音を強く出していたからとおっしゃっている方がいました。
平成生まれ昭和かぶれの私としては昔の人は太くていい声をしているように思うのです。
倍音について調べるととても興味深くて面白いのですが、昔の人の声の感じが倍音一つで決まるものとも思ないのですが昔の人の発声は今とどう違うのでしょうか。

2019/04/04 (Thu) 11:43 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>透さん

>倍音について

このブログでその言葉を使ったのは三回くらいだと思います。

いわゆる「倍音」に主眼を置く考え方は、
私の手法とは似ているようで相性が悪いんですよね。
周波数ではなくて「方向」が大切なので。

>昔の人の声の感じが倍音一つで決まるものとも

同感です。

>昔の人の発声は今とどう違うのでしょうか

昔の人にも色々いるので、一概には言えないのですが、

地声で歌うことや喉を開くことを今よりも重視していた時代のはずなので、
発声筋群だと「下側」が強い傾向があるかもしれません。

2019/04/04 (Thu) 22:41 | REPLY |   

透  

ご返答ありがとうございます。
では強くいなくてはいけない時代というのも下側が強いというのに関係してそうですね。
時代おくれの男を目指して頑張りたいと思います。

2019/04/05 (Fri) 00:37 | REPLY |   

サモエド  

返信

>>透さん

>下側

あくまで下側(前下・後下)ですからね。

昔の人にも喉声はいるので、
慎重にがんばってください。

2019/04/05 (Fri) 11:08 | REPLY |   

Leave a comment