女性曲を男らしく歌う

女性曲をオク下でヘロヘロ歌うのは初級者。
女性曲を原キーで柔らかく歌うのは中級者。
女性曲を原キーで暑苦しく歌うのは自称上級者。

NANA starring MIKA NAKASHIMA/GLAMOROUS SKY



必要なのは筋肉と気合。
伸展量を抑えて声帯の厚みをキープする。

男(漢)にしか出せないニュアンスとも言えますが、
発声法としてはロウラリヘッド(シゲル・マツザキ唱法)で無茶してるだけです。

真似すると危ないっちゃ危ないですけど、
筋肉が足りない(使い方を知らない)と真似しようがないと思います。

力強く聴こえるけど基本は裏声。

この意識さえ持っていれば喉へのダメージは避けられるはずです。

どっちつかずの、どっちにも振り切れない、
悪い意味で地声とも裏声ともつかない声、
これこそが喉を痛める原因だったりします。

地声と裏声の中間程度に「喉声」が潜んでいる場合もありますので。

関連記事:「ミドルボイスとヘッドボイスは別物
関連記事:「第5の筋肉
関連記事