低音のミックスボイスはなぜ難しいのか

低音のミックスボイスはなぜ難しいのか


レッスン中に質問されることがあるのでブログでも回答しておきます。

まずは基本のおさらい。
音高を上げるには主に、

1.声帯を伸展させる

2.呼気を強くする(張り上げ)

3.共鳴腔を狭くする(ハイラリ等)

一般的(伝統的)なボイストレーニングは「1」の方法を目指します。

喉を開いて! アクビの喉で! うなじに引っ張って!

これは音高を上げる方法、ハイトーンを出す手段です。
古今東西「ボイトレ≒高音出したい」みたいなものですからね。

それでは、音高を下げるには?
低い声を出すためには?

クオリティをまったく気にせずに、
ただの【低い声】を出すだけなら簡単です。

話し声……喉声でそのまま出せば良い。
特別なことは何もしなくて良いわけです。

意識するなら「3」の逆。
喉を下げて共鳴腔を広くする、くらいでしょうか。

喉声と歌声の区別は低音になるほどわかりにくくなるため、
喉声でも団子声でも、大半のボイストレーナーは「出てればオッケー」ってなります。
はじめから声が高い人ばかりなので、低音の違いを聴き分けることができないんだと思います。
そんなわけでミックスボイスは「高音で使うテクニック」みたいな感じになっているのかな、と。

ミックスボイスを【歌声】や【響く声】と定義するならば、
高音を出す正しい発声法で、低いところまで発声する必要があります。

声帯が伸展する……高い声が出る
声帯が収縮する……低い声が出る

デフォルト状態は「収縮」。

喉声なら低い声なんて簡単に出せるのに、
わざわざ喉を開いて、声帯を伸展させて(薄くして)低い声を出す……。

自らに課すハンディキャップ。縛りゲーみたいなもの。
low域の歌声を出したければ、lowlow域の喉声が必要になると思います。

そこまでの低音タイプって本当に稀です。
声が低くて困ってます、みたいな人でも、私より裏声の限界点が高い人ばかりです。

より簡単で、そこまで下手に聴こえない方法がある。
ずーっとそっちを使ってきて「自分は声が低い」と思い込んでいる。

低音のミックスボイスはなぜ難しいのか

下に響く歌声を自分が出せていないと、
下の響き(オク下成分)を聴き取ることはほぼ無理だから

できない技術は聴こえない、から

喉声エリー



関連記事:「高音出ない、は甘え
関連記事:「発声法分析:フランク永井
関連記事