声門閉鎖は意識しない方が“無難”っぽい

息漏れを減らすためには声門閉鎖を鍛えるんですよね?

声門閉鎖はどうやって鍛えるのですか?

声門閉鎖ってわかりやすい「概念」でもあるし「目安」でもあるので、
これ系の質問も多いのですが……。

前も後も、上も下もわからない状態で、

ピンポイントで【声門閉鎖だけ】

鍛えられるものなら鍛えてみてください。
効果的な練習法を見つけたのなら私にレッスンしてください。

ブログに書いていないことや、書いていたけど削除・修正したことには、
それなりの理由があります。

声門閉鎖を意識して(鍛えて)みました!

みたいな人の「喉締め」と「声門閉鎖」の混同率はほぼ100%だったのです。
中級者以下が【声門を閉鎖する筋肉】なんか意識したって無意味どころか逆効果っぽいのです。
なので、

声門閉鎖なんて気にしなくて良し!


ただし地声閉鎖と裏声閉鎖は気にしてください。
これはそのまま「地声か裏声か」ってことです。

関連記事:「裏声閉鎖と地声閉鎖

声門閉鎖……閉鎖筋群の稼動については……。
喉を開いた(声帯を伸展させた)副次的効果、くらいの認識でいいかも。
厳密には違いますけどね。

重要なのは、確かな判断基準を持っているのか。
どっちの方向にどういう感じで開いた(引っ張った)ら、どんな声質になるのか。
無数の試行と検証の積み重ね。

とりあえず息漏れを減らしたいのなら、
正しいチェストボイスは一応できている、と私に認定されるような努力が「とりあえずの正解」に近いでしょう。

新しい自分や別の声格は、今の(正しい)自分の中にはいません。
今の自分ができることを繰り返していても成長は望めません。

一人弱肉



こういう【奇妙な音源】こそ、
すぐに真似してみようと思わない人はノーチャンスです。

声門閉鎖を「鍛える」というよりは、
数多くのコントロール法を模索する、と認識していた方が上達は早いと思います。

この期に及んで「勇気が出せない人」や「馬鹿になりきれない人」は、
何か別の趣味を探した方がいいかもしれませんね。

関連記事:「声帯を引く方向(喉を開く方向)
関連記事:「正しいチェストボイス
関連記事