原爆記念日

アメリカが広島と長崎の街中に原子爆弾を投下して、
無辜の民間人、女性、子供を大量虐殺したので8月6日と8月9日は原爆記念日です。

記念日の「記念」って別に良いことばかりじゃないので、
意味的には問題はないはずなのですが、やっぱり違和感のある人が多いみたいで、
最近は「原爆の日」という表現に変化しつつあるそうです。

原爆の日。
原子爆弾を落とされた日。

人類史上最悪級の人道に対する罪。

まあでも、惨たらしく死んでいったのは【黄色い猿】ですからね。
当時の日本人やアジア人には基本的人権が認められていなかったのでしょう。

原子爆弾なんか作ったら使ってみたくなりません?
威力や人体への影響を調べてみたくなりますよね?
好奇心には抗えない。それが人間(動物)の性ってものです。

原爆投下は正しかった
いかなる状況でも謝罪しない

勝てば正義。力こそ正義。
これが戦争。これがアメリカ。
FATALITYなお国柄ですね。

原爆を許すまじ



小学生の頃に歌っていたような気がするのですが、
世代と地域が限定されるかもしれません。

改めて思うと「原爆を許すまじ」って不思議なタイトルですね。
原爆が日本まで勝手に移動して爆発するわけないのにね。

日米友好! 未来志向!

敗戦国って辛いですね。

関連記事:「言語ハンデ:日本語と英語
関連記事