発声法分析:二井原実(LOUDNESS)

ヘビーメタルバンドLOUDNESSのボーカル、二井原実さん。
大阪府大阪市のご出身。幼少期に小児ぜんそくを患っており、小学3年生から剣道を始めたそうです。



こちらは1986年。

ハスキーなハイトーンボイス。
線は細いけど、連発力(耐久力)が高めですかね。
ぜんそくと剣道の経験が活かされている感じです。

強いのは後上と喉締め。
いわゆる「ニャンちゅう」の発声法。

ほぼノーチェストでメタルを歌ってる……。
でもまあ、これで全米デビューまでしているみたいなので特に問題はないのでしょう。

喉に悪い、以外には。



こちらは2016年。

うーん……。
二井原さんボイトレに目覚めたらしいのですが、
これを進化と見るか、劣化と見るか、
30年よく踏みとどまっている、と見るか……。

相対的に強いのはほぼ上(後上寄り)と喉締め。
86年に比べると志村要素が足されています。
SLS系のボイトレにでも通ったのでしょうか。

若いときには感じられた、わずかばかりのチェスト成分すら消え失せてます。

裏声でメタル歌ってもなあ
どれだけ高音出せてもなあ

そんな考えから、半高音厨の私は発声改善に取り掛かったわけですが……。
結局のところは好みの問題だし、どこぞの馬の骨がネットの片隅で呟いてるだけなので、
お客さんがいっぱい入ってるなら、何も問題はないんでしょうね。

デスボイスできます、とか、
ガナリできます、みたいな人の「ニャンちゅう率」ってほぼ100パーなので、
むしろ「ニャンちゅう」の方が正解だったりして。

声帯小さめの日本人には、ね。



シムってるけど前下強め。



届いてないけど前下強め。



ヘロってるけど前下強め。



ほぼ喉声だけど後下強め。

こんな感じで、ハイラリと上側と喉締め……。
病気のおじいさん……良く言えば「平泉成さん」みたいな発声法でメタル歌ってる人って海外だと珍しいと思うんですよね。

関連記事:「話すように歌う?
関連記事:「歌唱法解説:仮性ミックスボイス
関連記事