発声法分析:槇原敬之

シンガーソングライターの槇原敬之さん。
大阪府高槻市のご出身……だけど、広島カープのファンだそうです。



ハキハキとした若々しい歌声。

強いのは前上と後下。伸展バランスは「前上⇔後」とか「前⇔後」が多いかな?
拮抗距離は短めですが、四方向を満遍なく使っており、
誠実さや純朴さ、だけではなくて闇の部分もしっかりと聴き取れます。

声質としては「お手本みたいなミックスボイス」ではありますが、
意識無意識は別として、わりと複雑な歌い方をしているように聴こえるので、
中級者以下が聴いたままを真似すると、喉声化方面へ進んでいく可能性が考えられます。

歌声に統一感を出すためには「微調整」が重要です。
これは「総合力」とも言い換えることができます。
どこかに偏っていたり、どこかが邪魔していたりすると、
微妙な調整なんて、できるはずがないからです。

関連記事:「発声法分析:草野マサムネ(スピッツ)
関連記事