発声法分析:川畑要・堂珍嘉邦(CHEMISTRY)

男性ツインボーカルユニット、CHEMISTRY(ケミストリー)。
川畑要さんは東京都葛飾区のご出身。
堂珍嘉邦さんは広島県安芸高田市のご出身。
2017年から活動を再開されているそうです。



堂珍さんは鼻にかかった甘い歌声。
基本は「前上⇔後下」だけど、
前下も軽く入ってるみたいで前上の位置が低め。
後上が強めに入ると「前⇔後」っぽい響きになってますが、
上か下かでフラフラしてる感じで少し不安定に聴こえます。

あそんでいたぁーん
あしぃたぁがぁん

歌詞の隙間に「ん」が入りがち。

あしぃ【ん】たぁ【ん】がぁん

実際には発声しないけど、
こう歌う意識だと似たような雰囲気になるかも。

1:40~

な【す】かしい痛みが

後上にすっぽ抜けてる。
前下(ロック)と後下(R&B)でどっちつかずになってるかも?


一方、
川畑さんはハキハキとした甘い歌声。
堂珍さんよりも甘くて、やや幼い感じ。

こちらも基本は「前上⇔後下」。
後上が補助に回って適度に明るい。
各筋群が綺麗に連携・拮抗していて、安定感があります。

デビュー当時から歌はお上手でしょうけど、
発声に関してはかなり進化してる感じですね。
関連記事