歌唱法解説:ONE OK ROCK/The Beginning

ワンオクのTakaみたいに歌いたい!

無理です。諦めてください。
と言いたいところですが……。
努力を無駄にしたくないなら、英会話教室へどうぞ。

Takaさんの特徴としては「声が高い」「発音が外人」「声の響きがすごい」。
何より「歌がめちゃくちゃ上手い」。日本人離れというか人間離れしていると思います。
色んな装飾技法をまるで息を吐くように自然に入れてきます。
私から見ると雲上人のような歌唱力です。ワンフレーズだけコピーしようとしても疲れ果ててしまいます。
そういうわけで「こんな感じかな?」って適当に歌ってます。
参考にしたのはライブverです。野外なのにエグイくらい声が響いてました。

ONE OK ROCK/The Beginning



ところどころジェイムズ・ヘットフィールドみたいになってますが、このくらいで勘弁してください。
この音源程度でよければ歌い方のコツを解説します。……面倒なんで列挙します。

・かなりのハイラリ
・声門閉鎖は「緩め」をキープ
・英語は英語っぽく、日本語も英語っぽく
・エッジをかけたいときはやや呼気を強めるだけ
・サビの高音はミドルの持ち上げ

R&B系の発声法のままハードロックを歌う感覚?
金属性の響きが出る閉鎖具合を保ったまま、ハイラリと呼気で音程を上げていく感じ?
実際のところは自分でもよくわかりませんが、輪状甲状筋を動かせないと難しいと思います。
ハイラリだけ着目して「志村ボイス」で歌わないでください。ネタにもならないです。



追記:

練習段階によってはこの内容でも間違いではないですが……。
最終的には↓を目指した方が良いような気がします。

歌唱圧縮:ワンオクTakaさんの妙技(?)
関連記事

 Comments

Leave a comment