歌唱法解説:秦基博/鱗(うろこ)

チェスト音域は下方向の響きを意識。
口はあまり開けないが母音はきっちり閉じる(下に落とす)。
呼気圧はやや強めで低音域からエッジ(鼻付近)を鳴らす。
高音部ではチェストをちょっと摘み上げ、息継ぎはあまりせず一気に歌いきる。
この曲に限らず秦さんはだいたいこんな歌い方だと思います。
声門閉鎖が強めな人は閉鎖をやや緩めるとハスキーなニュアンスが出るかもです。

関連記事:「ハスキーボイスは作れる

秦基博/鱗(うろこ)



低中音域を喉声に頼ってしまう人、高音で必要以上に力んでしまう人。
サビで息が続かない人、ブレス音が大きくなってしまう人。
全員NGです。基本ができていません。

秦さんの曲は「アクビ喉の脱力」と「適切な呼気圧」が身体に染み付いていないと歌いこなすのが難しいと思われます。
中でも鱗は相当な難曲。自分の実力とミックスボイスの定着度合いを計るには打ってつけの名曲でもあります。

もちろん私がこう歌ってるってだけで本人はまったく違う意識かもしれません。
もう一つ加えて、私が歌いこなせているという意味でもありません。

関連記事:「話すように歌う?
関連記事