発声法分析:CHAGE and ASKA

シンガーソングライターのChage(チャゲ)さん。
福岡県北九州市のご出身。身長は170cm。
小学時代は野球部、中学時代はサッカー部に所属していたそうです。

シンガーソングライターのASKA(アスカ)さん。
福岡県大野城市のご出身。身長は170cm。
幼少期から剣道に打ち込み、高校時代に三段を所得したそうです。



まずはChageさん。
甘いけど芯の強い歌声。

強いのは前下と後上。
バランスは前下(+前上)⇔後上(+後下)。

0:20~

んもぉくもくと

けむりおぅ

はきぃーだすぅ

わりと癖のある歌い方ですが、
活舌がとても良いので歌詞が聴き取りやすいです。

0:30~

じゃーり

前下が強く入っている。
後下経由で後上に流れているので、
甘い声ですが響きの位置は低めです。

0:55~

バットをぅ【ふるぅ】

前寄りの前下から後上へ。
ちょっと長渕剛さんっぽいかも。

そぅらにつきささる

前下が深くて、強い。
バランス良く拮抗しているけど、
声の甘さと響きのエグさとの乖離に「得体の知れなさ」をヒシヒシと感じます。

1:28~

hiA(A4)連発。
前下が強過ぎて、地声にしか聴こえません。
サングラス外したら怖い顔してたりして。

1:33~

Chageさんが下(前下優位)でASKAさんが上(後下優位)。
お互いの隙間を埋め合うような素晴らしいハーモニー。

2:00~

シャッ!

前下の負荷を後下が分担している感じ。
hiB(B4)と思えないくらい、さりげなく強い。

3:30~

ふり絞るhiAと平然と連発するhiA。

4:28~

あるかない【かぁああ】

hiA。前下⇔それ以外。
ちょっとふざけてる(?)感じなのに、声の太さがおかしい。



ASKAさん。
鼻にかかったパワフルなハスキーボイス。

強いのは後下と前上。
バランスは前上(+前下)⇔後下(+後上)。

0:18~

あおい(ぇ)ーだぁあ

後下から前下経由で前上方向へ。
ここの響きは「前」くらいで止まってます。

0:25~

癖の強い歌い方ですが、不思議と歌詞は聴き取りやすいです。
小さい頃から聴いていたので、私の耳が慣れているだけかもしれませんけど……。

いんれかわる

ぶわかりのん

きんもーちんにん

ASKAさんの癖を強調して歌ってみた後で「ん」を抜いてみると、
“大まかな方向性が合っていれば”、似たようなニュアンスになると思います。

0:55~
1:20~

およいー
うぉうぉおおーん

どちらも前くらいまで。

1:38~

hiA#(A#4)から下降。
ミドルボイスが習熟していないと綺麗に出すのが難しいフレーズです。

1:42~

ことばぁーん

ここで薄っすら前上。

1:48~

いよぉおおお

1:51秒あたりで前下を掴んだまま、浅めの前上まで。
最後の一押しみたいな感じで、響きが前側に移行しています。

1:53~

きみ【うぉぅ】

前上⇔前下⇔後下。

2:04~

いつ【もぅ】

前上⇔後下(+後上)。

2:42~

おし【こぉおおお】

前上⇔後下(+後上)。

オ音で後下が強くなって、後側に押し込まれています。
調子の良い(?)時はニャンちゅうでガナるので、たぶんこういう癖なのだと思います。

2:58~

かぁーけてき【たぁ】

ここの外し方好き。

3:07~

声の響きが後側に偏り過ぎています。

4:22~

後下の深くから前下をちょっと掴んで、ねっとりと前上へ。

声がよく響いて、十分パワフルに聴こえるのですが、
裏声系ありきの歌い方なので、前下の深い部分はいつも「空白」です。

その隙間をさりげなく、埋めてくれるのが?
そう、Chageさんの歌声です。



はるかなるときをー

hiC hiC hiC hiB hiA hiB hiC hiC

音域的に仕方がない部分はありますが、
上パートを歌うASKAさんは「後上」に追い詰められてしまいます。

というか、なんでこんな曲を作ったんや……。



0:00~

高音が出せないASKAさん。さもありなん。
明らかに無理めな設定なので、喉の調子に左右されてしまうのだと思います。

4:33~

ASKAさんのパートを気持ち良さそうに歌い上げるchageさん。
この響きは化け物としか言いようがない。メタル歌手だったら世界獲れてる。

はるかなるときをー

hiC hiC hiC hiB hiA hiB hiC hiC

hiC(C5)ってわかります?
Pretenderのキツイ部分ですよ?

世間の評判通り、ASKAさんが天才なことに異論はないのですが、
天才の引き立て役に徹してきた、化け物級の才能にも少しばかり注目して欲しいです。
関連記事