輪状甲状筋の鍛え方

声帯を引く(輪状甲状筋を働かせる)感覚が理解できる人だけ読んでください。
過去記事「声の比率を変える」参照。

“健康的”なヘッドボイスには声帯の適切な伸展が欠かせません。
声帯が伸展するのは輪状甲状筋(前筋)が収縮しているからです。まあ、実際に見たわけではないですが。
hiBならhiB分、hiCならhiC分、きっちりとストレッチできれば声の響きは整い、喉の負担が少なくなります。
以下の2つは少し極端な例です。音階はたぶんhiC(C5)だと思います。

A.【地声(チェスト)感の強いハイトーン】



チェストの比率が高い分、ヘッドの比率は低くなります。
声帯の伸展はそこそこに、強い呼気で張り上げることになります。
音量が大きいので迫力があります。地声成分が増えるほど、喉の負担は大きいです。
比率のコントロールが未熟な人は「ヘッドが重い」と呼ばれがち。プロでも喉を潰します。
全盛期のマイク・ヴェセーラやグラハム・ボネットあたりがこのタイプだったと思います。
日本人だとシゲル・マツザキくらい……? いや、微妙なところですね。

B.【裏声(ヘッド)感の強いハイトーン】



ヘッドの比率が高い分、チェストの比率は低くなります。
声帯をしっかりと伸展させるので、最低限の呼気で柔らかく出すことが可能です。
音量は小さいですが響きが良いです。地声成分が減るほど、喉の負担は少ないです。
比率のコントロールが未熟な人は「ヘッドが軽い」と呼ばれがち。特に問題はないです。
ほとんどのロック・メタル系ボーカリストたちはパワーボーカルぶってても結局はこちら側です。

あなたが輪状甲状筋を鍛えるなら、どちらの「ハイトーン」を選びますか?
これ以上の説明はいらないと思います。「裏声に聴こえるハイトーン」は高音の才能とも言えます。
声帯をしっかりと引けるようになった上で、迫力を出したければ閉鎖や呼気を強めればいいのです。
私が脱力練習を推奨する理由は「自宅で安全にできるから」だけではないのです。

無論、喉締めで高音を出している人のことは考慮していません。
関連記事

 Comments

Leave a comment