効果が疑わしい練習法

【エッジボイス(ボーカルフライ)で閉鎖筋群を鍛える】
声門閉鎖の感覚を掴むためには良いですが、閉鎖筋群は鍛えられないと思います。
その理由は閉鎖筋群にほとんど負荷がかかっていないからです。
エッジボイスを続けたところでエッジボイスが上手くなるだけです。
閉鎖筋群を鍛えたければセオリー通りに地道にやってください。
しっかりと声門閉鎖してチェストボイスで力強く歌ってください。
低音のハミングで呼気を強めていく、というのも効果的です。

【裏声(ファルセット)で輪状甲状筋を鍛える】
息が漏れた声では輪状甲状筋はあまり働きません。
これは見た目にも分かりやすいです。喉仏の下がほとんど凹まないのです。
閉鎖は最低限でもいいのでミックスボイスを出してください。
発声感覚がかなり違うので、ファルセットはファルセットの練習にしかなりません。
ミックスボイスに繋がらないのです。効果を反映できないのです。

空のペットボトルを上げ下げしても筋肉なんて付きません。
喉への負担が軽くて効果が高い練習法なんてないと思ってください。
これに関しては筋トレもボイトレも一緒です。

【一曲通して裏声(ファルセット)で歌う】
ほとんど意味がないと思います。裏声はミックスボイスでも歌声でもありません。
なんとなく想像できるのは「アクビ喉」では歌ってないだろうな、ということです。
高音部で喉が締まりそうです。裏声にエッジを塗してもミックスボイスにはなりません。

【できるだけ小声でボソボソと歌う】
害はないけど意味もない、って感じです。
メロディーや歌詞の確認作業ならまだしも、この練習により鍛えられる筋肉も神経もないはずです。
自宅練習であっても「歌」と呼べるだけの声量を出してください。
それが許されない環境であれば鼻歌の方が有意義だと思います。

【腹式呼吸の練習】
練習しなければできないような不自然な呼吸法を歌に使わないでください。
何度も書いてますが重要なのは「呼気のコントロール」です。
確かに「腹式」は安定していますが、瞬発力や最大値では「胸式」に敵いません。
ドッグブレス等の吸気を増やす練習は無意味を通り越して逆効果とさえ思えます。
強く深くなんて吸わなくていいですから、「無駄なく吐く」だけを意識してください。

【喉仏を触りながら歌う】
ハイラリンクスの防止らしいのですがナンセンスだと思います。
高音で喉仏が上がるのは「当たり前」です。プロ歌手だってみんな上がってます。
喉仏の位置を意識し過ぎると逆効果です。歌に集中してください。

【張り上げでも喉締めでもとにかく高音を出す】
眉を顰めたくなる練習法ですが、才能のある人にとっては効果的だったりします。
目的の高音が出るようになったら「脱力」を心がけて「喉締め」を排除していきます。
声に個性を残したまま力強いミックスボイス(特にミドルボイス)を習得できます。
プロ歌手には多いタイプではないでしょうか。才能のない人が真似をした場合は……。

そこそこ世に広まっている練習法でも私にとっては罠に感じるものがあります。
まあ、目指す歌唱スタイルが違えば効果はあるのかもしれませんけどね。
関連記事

 Comments

Leave a comment