アクビの喉について補足

アクビの概念が個人によって違うといけないので補足します。
上顎の奥(軟口蓋)を少し上げて、舌を落とす(ちょっと飲み込む?)みたいな感じです。
喉の奥で作った音の通り道と共鳴スペースが確保できているか。
それを意識しながら鏡で確認してみてください。

アクビ喉で歌ってりゃそのうち勝手にミックスボイスになる!

本音を言えばこうです。そのくらいアクビ喉は重要。
ミックスボイスの定着とアクビしそうな喉のフォームの定着はほぼ同じ意味だと思っていいです。
私の特技はいつでもアクビができることと口を閉じたままアクビができることです。
関連記事

 Comments

Leave a comment