ユーアヒューマン!

人間の喉、発声の仕組みは現代でも謎な部分が多いです。
そこに付け入るのが一部のボイストレーナーだったり宗教家だったりします。
癒しだのヒーリングだの、界隈でカルト用語が飛び交うのはそんな理由だと思います。
ヨガ教室はカルト宗教の入り口だったりします。いわんやボイトレ教室もです。
古来よりお金儲けの基本は「生かさず殺さず」です。
利潤最大化は商売人の行動基準です。良心で腹は膨れません。
生徒には下手くそなまま、ずっと教室に通ってもらえるのが最大利益です。
もっともらしいことを言って初心者を煙に巻くのが彼らのお仕事なのです。

レッスン料は1時間おいくらですか?
ウォーミングアップに10分? 15分?
スケール練習に30分? 残りは何分ですか?

と営業妨害はここまでにして、帰宅後あるいは脱会後の自主練習の話でもしましょう。
スケール自体は覚えておいて損はないですが、スケール練習はやらなくてもいいです。
この際はっきりと言います。歌を歌わない「発声練習」は時間と声帯の無駄使いです。
本質はシンプルかつプリミティブです。歌が上手くなりたければ「歌」を歌ってください。

リップロールみたいなのを延々とやっていると「野性」が失われます。
スケール練習を熱心に続けていてもスケール練習が上手くなるだけです。
むしろ「歌心」みたいな大切なものが奪われていきます。
悪い意味で「平均化」されます。安い値段で「均一化」されます。

もちろん根拠も確証もないです。私がこう思っているだけです。
ボーカロイドになりたければ、どうぞ続けてください。
関連記事

 Comments

Leave a comment