発声法分析:杏里

シンガーソングライターの杏里さん。
神奈川県のご出身。身長は168cm。
幼少期からピアノを習い、あらゆるジャンルの音楽を聴いて育ったそうです。



強いのは前下と後下。
バランスは前下⇔後上(+後下)。

2:07~

前下が深めに入りっぱなしで後下の補助が強い。
声の立ち上がりがやや鈍いですが、発音は明瞭で圧もしっかり感じられます。

2:21~

あ(ぅ)まぃいぃ(っ)
めぇろでぃい
かぁぜにぃい

語尾のイ母音で後上への伸展を少し強調する。

のればぁ【こんやぁあ】

少しだけ鼻(浅い前上)にかけて「こんにゃあ」に近いニュアンス。
絶妙なキャッツ要素。

ひぃみ【っつぅう】

Tで唇を押し出すイメージ。
語尾の上がりは後上。

めぇい・た(と)ぁ

前下→後下(+後上)。

2:31~

とびらが どこかで

後下優位。
やや朗読に近い。

ひ(ぅ)らく【よぉおお】

ここで前下が入る。
かすかに「にょーん」っぽい。

2:36~

みぃつめるきゃつぁい
ま(め)ぁじっぷれいんすたんしん

後上が活性化。
声が明るくなっています。

みぃどりいろにひ【かぁあるぅ】

後下から前下側に引き戻り声が暗さを纏う。

hiA#→hiB→hiA#。
ここの「るぅ」は「りゅう」に近い。

2:44~

きゃつぁい

分かりやすく真ん中に寄っている。
ここだけファニーというか、少し素人っぽい声に聴こえると思います。

2:46~

つぅきあかりあびてぇぁ

ここから前下優位で、語尾で後上側の拮抗がへたれ気味。
表情の変化にもご注目。

っうぃが(げぁ)っ【ちゅう】

前下から後上への伸展角度が分かりやすい部分です。
エフェクトがちょっと邪魔ですけどね。

みすてりあ(や)す【ごぉおおおおる】

前下⇔後下(+後上)。
girlとgoldの中間を狙うと良い感じに寄せられると思います。
関連記事