発声法分析:松岡由貴

声優の松岡由貴さん。
大阪市のご出身。身長は156cm。
小学3年生から子役としてタレント活動をされていたそうです。



強いのは前下と後下。
バランスは前下(+前上)⇔後下(+後上)。

0:22~

(ぃ)やぁるぅき・そぉのぉき・だぁいすき

前下→後下→後上を三回繰り返す。

0:27~

声は軽くなってるけど、依然として前下と後下が強いです。
前下抜けてるように見せかけて、直前よりは控えめになっているだけ。

0:30~

このへんは後下が強くて比較的ヘッド系に近いバランスです。

0:37~

不思議な音程感……原曲を確認したところピッチミスっぽい。
原曲に比べると前下が引っ込んでいる(フラフラしてる)ので、それが不安定さの原因かと思われます。

0:43~

前下が安定しつつあります。
ややおっかなびっくりというか刻み付ける感じで発声してるので曲調とミスマッチかも。

0:58~

【わぁ】い

ここは後上が不安定。

1:05~

前上(+前下)⇔後下(+後上)。
もしくは前上(+前)⇔後下(+後上)。

前上と主従逆転して喉が少し上がっており、途中の下降に対応できていません。
音響の問題でしょうか。何か歌いにくい事情が発生しているのかもしれませんね。
関連記事