発声法分析:tuki.

シンガーソングライターのtuki.さん。
現在15歳。幼少期からピアノ、12歳でギターを始めたそうです。



強いのは後下。
バランスは前上⇔後下(+後上)。

0:11~

っきみをな(ら)かすからぁ

N子音のR化。後下由来の特徴。
前上の位置は浅めで上顎洞あたり。

いっしょにはいれない【なぁ】

ここは一転、前上を強めに入れてエッジボイスに収束。

0:20~

わすれてほしぃん【だぅ】

語尾で「う」を飲み込む。後下由来。

にぃんげぇんだからねぇ

語尾で後上が強めに足されています。
前上の位置は鼻あたり。

0:26~

R化する「な」としない「な」。
前上の入り方(強度)による変化がわかりやすい部分です。

0:31~

あ(は)じけないな(あ)いない

語頭のH化は上と前上由来。
このへんは後上(泣き)の要素が強くてヨルシカのスイさんっぽい雰囲気。

0:37~

なんてー・かってー・だんねー

鼻の裏側くらいから後下方向へ、同じような引き方を3回繰り返す。

0:42~

このへんは前上が強い。
中性的というか少年のような歌声ですね。

0:50~

サビはバランスの良いヘッド系の拮抗。

えーられぅぬぅよぉな(ら)ぁ

後下が「よぉ」で深く強めに入ってるので前上が戻り切らずに微妙にR化してる感じ。
これが毎回となると気になる人もいるかもしれません。

同じような癖がある人は「よぅなぁ」でいったん発声してみて、
バランスが大きくは変わらない後下の深度や角度を探ってみるのがよろかしいかと。

ぁあい【しぃいい】

hiF。
後下を深めに確保したまま後上に持ち上げる。

てぇるを

後上から後下へ。
ニュアンスとしは「テロー」に近い。
関連記事