発声法分析:麻倉晶(ROMANTIC MODE)

歌手の麻倉晶さん。
愛知県名古屋市のご出身。身長は170cm。
ミスセブンティーンの準グランプリを受賞されたそうです。



強いのは後下と前下。
バランスは前下(+前上)⇔後下(+後上)。

0:25~

メロは後下優位で前上の位置は鼻辺り。
前下はイ母音とウ母音でやや主張が強くなる。

発音が明瞭。口の開き方も綺麗ですね。

0:40~

っこ(く)おりついた

ここは前が強い。
語頭で少し吹くイメージ。

0:44~

【めざ】めぇーる

このへん微妙に「ゆず」が混じっている。杏里さんに似た雰囲気があるかも。
どちらかというと前下由来だけど、厳密には前上と前下の主導権争いによる変化。

0:57~

前下(+前上)⇔後下(+後上)。
前下は浅め(前寄り)ですが、hiCまでくっきりと力強く出せています。

ファルセット(hiD)は後上。
前下を一気に抜くのではなくて、後上に体重を預けるイメージ。

原曲だとミドル発声をhiDまで引っ張ってます。
バランス的には……前下(+前)⇔後下(+後)。

1:05~

はぁ【なぁ】さず

微妙に「が」が混じっている。
前下由来の変化と前上が深めに入ることによる変化。

1:18~

ここのファルセットはややブツ切り感あり。
同音(hiD)を後上→後下で出し分けているが、後下が下寄りにズレている。

1:27~

か【らぁあああ】

野原しんのすけ要素(ろぉおおお)が混ざっている。
ロングトーンが安定しないのは、前下との拮抗筋群が後と後上でブレているから。

原曲だと後上(らぁあああ)寄りでしっかりと安定しています。
関連記事