発声法分析:橋本絵莉子(チャットモンチー)

チャットモンチーのボーカル・ギター担当、橋本絵莉子さん。
徳島県徳島市のご出身。身長は156cm。
学生時代は管弦楽部に所属されていたそうです。



強いのは前下。
バランスは前下(+前上)⇔後上(+後下)。

0:17~

コ(か)ンタ(ぱ)クト(わ)
はぁずぅして(せぇ)
さん(い)かした

かなり癖が強い。
前下由来の変化。

0:32~

hiC。
前上も活性しますが、依然として前下が強いです。
YUKIさんや椎名林檎さんに似た雰囲気がありますね。

0:38~

ごお(あ)らんど

ここは前下から後上に引っ張ったがゆえの変化。

0:48~

歌詞の繰り返し。
冒頭よりも前下が抑えめなぶん、歌詞の聴き取りが比較的明瞭です。

1:09~

ジェッ(ゼッ)トコースタはしりつぅづけた

mid2D#からhiD#までジェットコースターがカタカタと上昇するイメージ。
もしくは仮装大賞の点数が積み上がっていくイメージ。
音高に伴い後上(後側)の比率が上がりますが、主導権は未だに前下です。

ヘッ!

一瞬自分の耳を疑いましたが「hiG」ですね。
恐ろしいことに前下が優位のままに聴こえます。
歌詞は「ヘッド」ですが力強い「ミドルボイス」です。

1:17~

た(な)かまり

hiF。

前上や後上の比率が増えているので、おそらくはファルセット的な表現かと。

1:19~

mid2D#のレールの先(延長線上)のhiGまで到達。
そんで何事もなく戻ってくる。

まさにジェットコースター。
凡人ならば振り落とされているでしょう。

プロの中でも超レアタイプなので、橋本さんに寄せていくのは至難の業だと思います。
関連記事